ラミウム

Lamium maculatum

Lamium maculatum

Lamium maculatum

Lamium maculatum

ヨーロッパからアジアに分布しています。林内の半日陰に生え、高さ
は10〜20センチになります。わが国に自生する「ほとけのざ」の仲
間ですが、匍匐性がありグランドカバーに利用されます。4月から6
月ごろ、花茎を立ち上げて、ピンク色や黄色、白色などの花を咲か
せます。銀白色やクリーム色の斑入り品種がたくさんあります。別名
で「デッドネットル」とも呼ばれ、野菜やハーブティーなどに利用されま
す。
シソ科オドリコソウ属の常緑多年草で、学名は Lamium maculatum。
英名は Dead nettle, Lamium。
Dead nettle belongs to Lamiaceae (Mint family). It is an evergreen perennial
herb that is native to Europe and Asia. This herb occurs in semi-shade
places of woodlands and can reach 10-20 cm in height. It is creeping on
the ground. The flowering stalks grows upward and bloom pink, yellow or
white flowers from April to June. There are many variegated-leaf cultivars
such as silvery white or cream. Dead nettle is used for a vegetable and a
herbal tea.
[上] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、2007年07月10日撮影。
[中1・中2] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、
2004年04月11日撮影。
[下] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2003年01月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp