ランタナ (七変化)

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

Lantana camara

亜熱帯アメリカ原産で、わが国へは江戸時代の末期に渡来しました。葉腋から散形花序をだして淡紅色や黄色の小さな花をつぎつぎに咲かせます。時間が経つにつれて黄色から橙色,赤色へと花の色が変わります。このため「しちへんげ(七変化)」とも呼ばれますが、色の変化しない黄色や白色の品種もあります。 
クマツヅラ科シチヘンゲ属の常緑小低木で、学名は Lantana camara。英名は Common lantana。 
The Common lantana (Lantana camara) belongs to the Verbenaceae (the Verbena family). It is an evergreen shrub that is native to sub-tropical America. This shrub was introduced into Japan in the late Edo Period (about 150 years ago). The umbels are borne on the axiles and the small pale rose-pink or yellow flowers bloom. They turn yellow, orange to red with aging. There are also yellow or white immorvable flower-coloered varieties. 
[上] 愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。
[中1〜中4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年09月15日撮影。
[中5] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2005年10月26日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中6・中8] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] 同上にて、2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年11月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中11] 同上にて、2006年02月01日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中10] オーストラリア・シドニー市「ワリウッドビーチ」にて、
2005年12月28日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中12] オーストラリア・シドニー市にて、
2004年01月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中13・中14] オーストラリア・シドニー市デュラルにて、
2009年03月26日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中15・中16] ベトナム・ハノイ市にて、2008年05月21日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中17] スペイン・バレンシア県プソルにて、2011年05月10日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[中18] 同上にて、2011年09月19日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中19] 同上にて、2011年10月23日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中20〜21・下] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2013年09月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp