ラチルス・モンタヌス [Index] [Back]

Lathyrus montanus

Lathyrus montanus

Lathyrus montanus

ヨーロッパに分布しています。標高2200メートルまでの、ふつう酸性土壌の牧草地や林、低木の茂みなどに生えます。茎には翼があり、高さは15〜45センチになります。葉は偶数羽状複葉で、線形または楕円形の小葉が2〜4対つきます。花は深紅色で、次第に緑青色に変化、4月から6月に咲きます。果実は、無毛の赤褐色の豆果です。
マメ科レンリソウ属の多年草で、学名は Lathyrus montanus。
英名は Bitter vetch。
Bitter vetch (Lathyrus montanus) belongs to the Fabaceae (the Pea family). it is a perennial herb that is native to Europe. This herb grows in pastures, woods and scrubs, usually on acid soils, to 2200 m elevation. The stems are winged and can reach 15-45 cm in height. The leaves are impari-pinnate with 2-4 pairs of linear or elliptic leaflets. The flowers are crimson and turning greenish-blue gradually, and they bloom from April to June. The fruits are hairless, red brown pods.
[上・中] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・スコットランド・ベンカウワーズにて、
2016年06月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp