ラチルス・ネバデンシス [Index] [Back]

Lathyrus nevadensis

Lathyrus nevadensis

Lathyrus nevadensis

Lathyrus nevadensis

北アメリカの西部、カナダのブリティッシュコロンビア州からカリフォルニア州北部、それに東へはアイダホ州まで分布しています。森に生え、地面に広がるかその巻きひげをつかって立ち上がり、高さは60〜120センチになります。葉は偶数羽状複葉で、広卵形の小葉が4〜10個つきます。春の終わりから初夏にかけて、ピンク色や赤紫色、または白色の蝶形花を咲かせます。
マメ科レンリソウ属の多年草で、学名は Lathyrus nevadensis。
英名は Purple peavine。
Purple peavine (Lathyrus nevadensis) belongs to the family Fabaceae (the Pea family). It is a perennial herb that is native to western North America from British Columbia to northern California and as far east as Idaho. This herb grows in forests, and sprawls on the ground or climbs up, supported by tendrils, and it can reach 60-120 cm in height. The leaves are impari-pinnate with 4 to 10 widely ovate leaflets. The pink, red-purple, or white, papilionacenous flowers bloom from late spring to early summer.
アメリカ・オレゴン州カスケードロックスにて、2013年06月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp