ラベンダー

Lavandula angustifolia

Lavandula angustifolia

Lavandula angustifolia

Lavandula angustifolia

Lavandula angustifolia

Lavandula angustifolia

Lavandula angustifolia

Lavandula angustifolia

Lavandula angustifolia

Lavandula angustifolia

Lavandula angustifolia

Lavandula angustifolia

地中海沿岸が原産です。「イングリッシュラベンダー」とも呼ばれ、本来は薬用、香料用の植物ですが、園芸品種も多く、花色には青紫色やピンク、白色などがあります。属名は「洗う」を意味するラテン語の「ラワーレ(Lavare)」に由来します。古代ローマ人はラベンダーが治癒や消毒の性質を持っていると認識していました。
シソ科ラバンデュラ属の常緑小低木で、学名は Lavandula angustifolia。英名は English lavender。 
The English lavender (Lavandula angustifolia) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is an evergreen shrub that native to the Mediterranean Basin. This herb is used as a medecine or purfume. There are many cultivars with blue-purple, pink or white flower-colors. The genus name is derived from Latin word 'lavare' (to wash). Ancient Romans recognized lavender for its healing and antiseptic qualities. 
[上・中1] 岐阜県高鷲村「牧歌の里」にて、2002年06月23日撮影。
[中2] フランス・ツールーズ市にて、1999年07月02日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中3〜中5] 山形県飯豊町「どんでん平ゆり園」にて、
2015年07月18日撮影。
[中6〜中9] 千葉県香取市大角にて、2012年06月12日撮影。
[中10・下] 同上にて、2016年06月11日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp