ラベンダー・ヒドコート [Index] [Back]

Lavandula angustifolia cv. Hidcote

Lavandula angustifolia cv. Hidcote

Lavandula angustifolia cv. Hidcote

「ラベンダー(イングリッシュラベンダー)」の矮性園芸品種です。高さは50〜60センチになり、葉は線形で銀灰色、芳香があります。夏の盛りから終わりにかけて、穂状花序をだし、濃い紫色の花を咲かせます。花がピンク色の「ヒドコートピンク」もあります。
シソ科ラバンデュラ属の常緑小低木で、学名は Lavandula angustifolia cv. Hidcote。英名は Lavender 'Hidcote'。
Lavender 'Hidcote' belongs to Lamiaceae (Mint family). It is an evergreen sub-shrub that is a dwarf cultivar of common lavender. This sub-shrub can reach 50-60 cm in height. The leaves are linear, silver-gray and aromatic. The flower-spike are borne and bloom deep purple flowers from mid to late summer. There is also a 'Hidcote Pink'.
大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2007年06月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp