ラベンダー・ストエカス

Lavandula stoechas

Lavandula stoechas

Lavandula stoechas

Lavandula stoechas

Lavandula stoechas

Lavandula stoechas

ヨーロッパの南西部が原産です。「フレンチラベンダー」とも呼ばれています。花穂の先端に花弁のような花苞があるのが特徴です。花期はふつう春から初夏にかけてですが、春と秋の2回開花するものもあります。夏の暑さにつよい反面、寒さにはやや弱く半耐寒性です。 
シソ科ラバンデュラ属の常緑多年草で、学名は Lavandula stoechas。
英名は French lavender。 
French lavender ( Lavandula stoechas) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is an evergreen perennial that is native to south-western Europe. This herb blooms usualy in spring to early summer, and it is sometimes remontant; spring and fall. The flowers have floral bracts that are petaloid and arranged in the spike apices. This herb has hot tolerance, then again it is half-hardy plant. 
[上] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1] アメリカ・カリフォルニア州「ポイントロボス州立公園」にて、
2004年07月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] スペイン・バレンシア県プソルにて、2011年04月13日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[中3・中4] イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年06月28日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] ポルトガル・アルガルヴェ地方カストロマリンにて、
2016年02月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp