レバノンシーダー

Cedrus libani

Cedrus libani

Cedrus libani

西アジアのレバノンやシリア、トルコに分布しています。「アトラスシー
ダー(C. atlantica)」の近縁種です。高地に生え、円錐形の樹冠で、高
さは40メートルほどになります。葉は針形で、濃緑色です。ノアの箱
船をつくった樹木としても有名です。精油は香料としても利用されま
す。
マツ科ヒマラヤスギ属の常緑高木で、学名は Cedrus libani。
英名は Cedar of Lebanon, Lebanese cedar。
Cedar of Lebanon belongs to Pinaceae (Pine family). It is an evergreen tall
tree that is native to Lebanon, Sylia and Turkey, west Asia. This tree is a
related species of Atlas cedar. It occurs in highland and can reach about 40
m in height with a conical crown. Leaves are dark green needles. Cedar of
Lebanon is known that Noah's Ark was made of this tree. The essential oils
are used for aromatic.
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2004年02月07日撮影。
[中・下] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2006年12月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp