レケナウルティア・ビローバ (初恋草) [Index] [Back]

Lechenaultia biloba

Lechenaultia biloba

西オーストラリア州の南部が原産です。林内や灌木帯などに生え、高さは30センチほどになります。枝は細く、線形の細い葉がつきます。春に鮮やかな青色の花をいっぱい咲かせます。種間交雑種が数多く作出されてきています。園芸上は「はつこいそう(初恋草)」と呼ばれます。
クサトベラ科レケナウルティア属の常緑小低木で、学名は Lechenaultia biloba。英名は Blue lechenaultia。
Blue lechenaultia belongs to Goodeniaceae (Naupaka family). It is an evergreen small shrub that is native to south Western Australia. This shrub occurs in woodlands and shrublands and is usually 30 cm or less in height. Branches are twiggy with linear, narrow leaves. Masses of brilliant blue flowers come in the spring. Many interspecies hybrids have been breeded.
愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年01月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp