レチュギヤ

Agave lechuguilla

Agave lechuguilla

Agave lechuguilla

Agave lechuguilla

Agave lechuguilla

Agave lechuguilla

Agave lechuguilla

アメリカの中南部、テキサス州からニューメキシコ州それにメキシコ
北部のチワワ州に分布しています。チワワ砂漠(Chihuahuan Desert)
の指標植物とされます。葉は多肉質で叢生し、高さは45センチほど
になります。晩春から初夏にかけて、長さ4メートルほどの花序をだ
し、赤みを帯びた黄色い花を咲かせます。名前は、スペイン語で「小
さなレタス(Little lettuce)」の意味だそうです。
リュウゼツラン科リュウゼツラン属の常緑多年草で、学名は Agave
lechuguilla。英名は Lechuguilla。
Lechuguilla (Agave lechuguilla) belongs to the Agavaceae (the Agave
family). It is an evergreen herb that is native to central-southern United
States; from Texas to New Mexico and northern Mexico; Chihuahuan. It is
a indicator plant of Chihuahuan Desert. The leaves are carnose and
clumping, and about 45 cm in height. The long flowering cluster, about 4 m
long is borne, and the reddish tinged yellow flowers bloom from late spring
to early summer. Lechuguilla means "Little lettuce" in Spanish.
[上・中1〜5] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・テキサス州「ベッグベンド国立公園」にて、
2011年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp