レモンバーム (西洋山薄荷) [Index] [Back]

Melissa officinalis

Melissa officinalis

Melissa officinalis

ヨーロッパの中・南部から西アジア、北アフリカが原産です。湿り気のある場所や放棄地などに生え、高さは40〜70センチになります。葉には爽やかなレモンの芳香があります。6月から7月ごろ、葉腋に淡いピンク色の唇形花を咲かせます。和名では「せいようやまはっか(西洋山薄荷)」と呼ばれます。またミツバチがよく飛来するので「ビーバーム(Bee balm)」の別名があります。
シソ科セイヨウヤマハッカ属の多年草で、学名は Melissa officinalis。
Lemon balm belongs to Lamiaceae (Mint family). It is a perennial herb that is native to central-south Europe, West Asia and North Africa. This herb occurs in waste places or derelict land and can reach 40-70 cm in height. The leaves have lemon-like brisk aroma. The pale pink labiate flowers come in the axiles from June to July. This herb is also called 'Bee balm' caused by bee attracting.
[上・中] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[下] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp