レモングラス

Cymbopogon citratus

インドやスリランカの熱帯地域が原産です。わが国へは大正時代の
はじめに渡来しました。「ススキ」似たかたちで高さは80〜120セン
チほどになり、全体にレモンの香りがあります。インドでは古くから民
間薬や虫除けに使われてきました。「トムヤンクン」などのエスニック
料理やハーブティーに利用されています。
イネ科オガルカヤ属の多年草で、学名は Cymbopogon citratus。
英名は Lemon grass。
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2004年10月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp