レモンバーベナ (香水木)

Lippia citriodora

Lippia citriodora

Lippia citriodora

Lippia citriodora

Lippia citriodora

南アメリカのペルーからチリ、ウルグアイ、アルゼンチンに分布しています。高さは3メートルくらいになります。葉には「レモン」の香りがあり、ハーブティーの原料になります。夏に小さな白い花を咲かせます。和名では「こうすいぼく(香水木)」と呼ばれます。
クマツヅラ科イワダレソウ属の常緑小低木で、学名は Lippia citriodora。英名は Lemon verbena。
Lemon verbena belongs to Verbenaceae (the Verbena family). It is a small evergreen shrub that is distributed in Peru, Chile, Uruguay and Argentina, South America. This small shrub can reach about 3 m in height. Leaves are lemon-flavored, and used to make an herbal tea. Small white flowers bloom in summer.
[上・中1] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2011年10月02日撮影。
[中2・中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2003年06月21日撮影。
[下] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、
2007年01月27日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp