レモンタイム

Thymus x citridorus

Thymus x citridorus

Thymus x citridorus

Thymus x citridorus cv. Aurea

「ブロードリーフタイム」と「コモンタイム」との種間交雑種です。乾燥
した肥沃な用土を好み、高さは20〜30センチになります。葉は被針
形です。夏の終わりには、濃いピンク色の花を咲かせます。レモン
に似た独特の香りと風味があります。飲料や料理のレモン風味の香
りづけに使われます。写真下は園芸品種の「ゴールデンレモンタイム
(cv. Aurea)」。
シソ科イブキジャコウソウ属の常緑小低木で、学名は Thymus x
citridorus。英名は Lemon thyme。
Lemon thyme (Thymus x citridorus) belongs to Lamiaceae (Mint family). It
is a hybrid of Broad-leaved thyme (Thymus pulegioides) and Common
thyme (Thymus vulgaris). This shrub prefers a dry, well drained soil and
can reach 20-30 cm in height. The leaves are lanceolate. The dark pink
flowers appear in late summer. It definitely smells like lemon and tastes like
lemon. It is used as a lemon flavoring for beverages and dishes. The bottom
photo is a cultivar 'Golden lemon thyme (cv. Aurea)'.
[上・中1] 岡山市「半田山植物園」にて、2002年07月14日撮影。
[中2・下] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp