レタス (玉苣)

Lactuca sativa var. capitata

Lactuca sativa var. capitata

Lactuca sativa var. capitata

Lactuca sativa var. capitata

Lactuca sativa var. capitata

Lactuca sativa var. capitata

Lactuca sativa var. capitata

Lactuca sativa var. capitata

Lactuca sativa var. capitata

Lactuca sativa var. capitata

ヨーロッパに分布する「ワイルドレタス(Lactuca serriola)」から改良さ
れた園芸品種だと考えられています。中世以降、地中海沿岸地方で
発達しました。わが国へは明治時代に導入されています。はじめは
根生葉が展開していますが、成長すると「キャベツ」のように結球しま
す。7月から8月ごろ、花茎を伸ばして円錐花序をだし、淡黄色の頭
花を午前中に咲かせます。生食用として、最も多く利用されている野
菜です。和名では「たまぢしゃ(玉苣)」と呼ばれます。
キク科アキノノゲシ属の一年草または越年草で、学名は Lactuca
sativa var. capitata。英名は Cabbage lettuce。
Cabbage lettuce belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is an
annual or biennial herb that is considered a cultivar of wild lettuce (Lactuca
serriola). This vegetable was advanced to breed improvement after the
Middle Ages. It was introduced into Japan in Meiji Era (about 120 years
ago). The leaves are spread out at beginning, though they bulb up like a
cabbage when mature. The panicles are borne on the flowering stalks and
bloom pale yellow flower-heads midmorning from July to August. The plant
is most common vegetable to be eaten raw.
[上] 長野県南牧村野辺山にて、2005年07月20日撮影。
[中1] 長野県小海町親沢にて、2005年07月11日撮影。
[中2] 長野県山形村小坂にて、2007年07月31日撮影。
[中3] 千葉県東庄町小南にて、2009年11月20日撮影。
[中4] 千葉県香取市大角にて、2011年05月20日撮影。
[中5・中6] 同上にて、2011年11月09日撮影。
[中7〜8・下] 同上にて、2012年09月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp