レウカンテモプシス・アルピナ [Index] [Back]

Leucanthemopsis alpina

Leucanthemopsis alpina

Leucanthemopsis alpina

ヨーロッパに分布しています。標高1800〜2800メートルの草地や岩礫地、氷堆石地などに生え、高さは5〜15センチになります。葉は卵形からさじ形で、鋸歯があるか羽状に分裂します。7月から8月ごろ、白色でしばしばピンク色に変化する舌状花をもつ頭花を咲かせます。
キク科レウカンテモプシス属の多年草で、学名は Leucanthemopsis alpina。英名は Alpine moon daisy。
Alpine moon daisy (Leucanthemopsis alpina) belongs to Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to Europe. This herb grows in grasslands, screes and moraines, 1800-2800 m elevation, and can reach 5-15 cm in height. The leaves are ovate to spoon-shaped, toothed or pinnately-lobed. The flower-heads are solitary with white rays but often turning pink from July to August.
[上・中] スイス・ベルン州クライネシャイデックにて、
2009年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] スイス・ベルン州メンリッヒェンにて、
2009年07月01日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp