ロイヒテンベルギア・プリンキピス

Leuchtenbergia principis

Leuchtenbergia principis

メキシコ北部のチワワ州(Chihuahua)と、中部のサンルイスポトシ州
(San Luis Potosi)に分布しています。乾燥した地域にふつうは単独で
生えます。茎は青緑色で、高さは75センチほどになります。棘座は
三角状の結節の先端にあり、1〜2個の中棘と8〜12個の縁棘がつ
きます。棘は紙状です。直径7〜10センチの黄色またはピンク色の
花を結節の先端に咲かせます。一属一種で、属名はロイヒテンベル
ク(Leuchtenberg)のウジェーネ・ボーアルネ大公(Eugène de
Beauharnais)に因みます。
サボテン科ロイヒテンベルギア属のサボテン類で、学名は
Leuchtenbergia principis。
英名は Agave cactus, Prince of Leuchtenberg cactus。
Agave cactus belongs to Cactaceae (Cactus family). It is an evergreen
perennial herbacious plant that is distributed Chihuahua and San Luis
Potosi, north-central Mexico. This cactus occurs in arid areas and generally
solitary. Stems are bluish green and can reach about 75 cm in height.
Areoles are at the tip of triangular tubercles with 1-2 central spines and 8-
12 radials. Spines are papery. Yellow or pink flowers are seen at the tip of
tubercles. This genus is the sole species and named after Eugène de
Beauharnais, prince of Leuchtenberg.
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp