レウココリネ・プルプレア

Leucocoryne purpurea

Leucocoryne purpurea

Leucocoryne purpurea

南アメリカ、チリのアンデス山脈に分布しています。高さは30〜40
センチほどになります。葉は長いひも状です。4月から5月ごろ、花茎
を伸ばして藤紫色の星形の花を咲かせます。花披片の基部は紅紫
色になり、アーモンドのような芳香があります。夏季には地上部が枯
死して休眠します。
ユリ科レウココリネ属の多年草で、学名は Leucocoryne purpurea。
英名はありません。
Leucocoryne purpurea belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial
herb that is native to the Andes of Chile, South America. This herb can
reach 30-40 cm in height. The leaves are long corded. It is borne long
stalks and bloom dark-lilac star-shaped flowers in April to May. The flower
has pale magenta base of tepals and almond-like fragrance. The terrestrial is
blighted and diapause in summer.
[上・中] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年03月26日撮影。
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年04月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp