レウイシア・コチレドン (岩花火)

Lewisia cotyledon

Lewisia cotyledon

Lewisia cotyledon

Lewisia cotyledon

北アメリカの西部、カナダのブリティッシュコロンビア州からアメリカのカリフォルニア州にかけて分布しています。早春にロゼットから赤緑色の葉をつけ、中心部から花茎を伸ばして、5月から6月ごろ、白色やピンク、橙色などの花を咲かせます。その後、根を残して葉は枯れます。和名では「いわはなび(岩花火)」と呼ばれます。 
スベリヒユ科レウイシア属の多年草で、学名は Lewisia cotyledon。
英名は Siskiyou lewisia。 
Siskiyou lewisia (Lewisia cotyledon) belongs to the Portulaceae (the Purslane family). It is a perennial herb that is native to western North America; from British Columbia south to California. The reddish green leaves are borne in rosette in early spring. It bears flowering stalks at the center of leaves, and bloom white, pink, or orange flowers from May to June. After flowering, the leaves are dying back though its rhizomes remain. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2004年04月02日撮影。
[中2] 同上にて、2006年04月13日撮影。
[下] イギリス・スコットランド・アビモアにて、2016年06月04日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp