レウイシア

Lewisia sp.

Lewisia cv. Susan

Lewisia sp.

Lewisia sp.

北アメリカのロッキー山脈周辺に19種が分布しています。乾燥した砂礫地に生え、葉は多肉質でロゼットを形成します。春から初夏にかけて、花茎を伸ばして、ピンクや白色、オレンジ色などの花を咲かせます。園芸品種も多く作出されています。写真中1は、園芸品種の「スーザン(cv. Susan)」。種小名は、18世紀のアメリカ人探検家、メリーウェザー・レウイス(Meriwether Lewis)に因みます。 
スベリヒユ科レウイシア属の多年草で、学名は Lewisia sp.。
英名は Lewisia。 
Lewisia belongs to the Portulaceae (the Purslane family), It is a perennial herb that consists of 19 species and occurs around the Rocky Mountains. This herb grows on arid sand and gravel, and the leaves are carnose and form rosette. It bears flowering stalks and bloom pink, white, or orange flowers from spring to summer. The many cultivars have been raised. The 2nd photo is a cultivar 'Susan'. The specific epithet is named after Meriwether Lewis, the 18th-century American explorer. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年04月21日撮影。
[中2・下] イギリス・スコットランド・アビモアにて、
2016年06月04日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp