レイランドひのき (檜)

X Cupressocyparis leylandii

X Cupressocyparis leylandii

アメリカのカリフォルニア州からメキシコにかけて分布している「モント
レーイトスギ(Cupressus macrocarpa)」と「アラスカヒノキ
(Chamaecyparis nootkatensis)」との属間交雑種です。成長が早く、高さ
は20メートル以上になります。樹冠は円錐形から円柱状になり、生
け垣や防風樹として利用されています。栽培品種には「ゴールドライ
ダー(cv. Gold Rider)」や「メローイエロー(cv. Mellow Yellow)」、「ロビ
ンソンズゴールド(cv. Robinson's Gold)」などがあります。
ヒノキ科レイランドヒノキ属の常緑高木で、学名は X Cupressocyparis
leylandii。英名は Leyland cypress。
京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2003年12月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp