ライトポピーマロー [Index] [Back]

Callirhoe alcaeoides

Callirhoe alcaeoides

アメリカの中部に分布しています。大平原や草地、荒れ地や明るい林に生え、高さは20〜50センチになります。茎は直立し、基部から分枝します。基部の葉はふつう三角形から卵形で、掌状に切れ込みが入ります。上部の葉は掌状に分裂し、裂片は線状から三角状です。5月から8月ごろ、白色から淡いピンク色の5弁花を咲かせます。花弁の先端はぎざぎさになっています。
アオイ科カリロエ属の多年草で、学名は Callirhoe alcaeoides。
英名は Light poppy mallow, Pale poppy mallow。
Light poppy mallow belongs to Malvaceae (Mallow family). It is a perennial herb that is native to central USA. This herb occurs in prairies, grassy fields, waste ground or open woods and can reach 20-50 cm in height. The stem is erect, branching from the base. The basal leaves are generally triangular to ovate, incised palmately. The uper leaves are divided palmately into linear or triangular segments. The white to pale pink, 5-petaled flowers come in May to August. The petals have often notched tips.
アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」にて、
2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp