ライラック (紫丁香花)

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

Syringa vulgaris

ヨーロッパの地中海沿岸が原産です。高さは4〜5メートルほどになり、心形の葉が対生します。4月から5月ごろ、枝先に大きな円錐花序をだし、芳香のある淡い青紫色から赤紫色の花をいっぱい咲かせます。白花もあります。和名では「むらさきはしどい(紫丁香花)」と呼ばれます。 
モクセイ科ハシドイ属の落葉小高木で、学名は Syringa vulgaris。
英名は Lilac。 
Lilac (Syringa vulgaris) belongs to the Oleaceae (the Olive family). It is a semi-tall deciduous tree that is native to the coastal areas of the Mediterranean Sea. This tree can reach 4-5 m in height and the heart-shaped leaves are opposite. The large panicles are borne on the terminal branches and bloom scented pale bluish-purple to magenta flowers from April to May. There is also a white flower-coloered variety. 
[上・中1] 長野県大町市常盤「ラ・カスタ」にて、
2006年05月09日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、2006年04月28日撮影。
[中3] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2006年04月18日撮影。
[中4・中5] 中国・山東省青島市「青島植物園」にて、
2009年04月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6・中7] 茨城県神栖市太田新町にて、2010年05月04日撮影。
[中10・中11] 同上にて、2015年04月29日撮影。
[中8・中9] クロアチア・プリトヴィッチェ「湖群国立公園」にて、
2012年04月30日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中12・中13] イギリス・ランカシャー州「ストーニーハースト大学」
にて、2015年05月23日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中14・中15] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2016年04月04日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中16〜18・下] アメリカ・オハイオ州「コック樹木園」にて、
2016年05月22日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp