リリウム・クロケウム [Index] [Back]

Lilium bulbiferum ssp. croceum

Lilium bulbiferum ssp. croceum

ヨーロッパアルプスに分布しています。標高2400メートル以下の草地や森、岩場などに生え、高さは30〜60センチになります。葉は狭披針形で、互生します。葉腋に珠芽はつきません。花は鮮やかなオレンジ色で黒色の斑点があり、5月から7月ごろに咲きます。
ユリ科ユリ属の多年草で、学名は Lilium bulbiferum ssp. croceum。
英名は Orange lily。
Orange lily (Lilium bulbiferum ssp. croceum) belongs to the Liliaceae (the Lily Family). It is a perennial herb that is native to Europe; the Alps. This herb grows in meadows, woods and rocky places, to 2400 m elevation, and can reach 30-60 cm in height. The leaves are narrow lance-shaped, arranged in alternate. It has no bulbels. The flowers are bright orange with balck spots, and bloom from May to July.
スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、2008年06月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp