リリウム・ダビディー [Index] [Back]

Lilium davidii

Lilium davidii

Lilium davidii

中国の中部から中南部、甘粛・陝西省から南へ雲南省まで分布しています。標高800〜3200メートルの林縁や斜面の草地に生え、高さは1.5メートル以上になります。7月から8月ごろ、橙色から赤橙色の花を咲かせます。鱗茎は食用になり、時おりストロン(匍匐枝)をだします。
ユリ科ユリ属の多年草で、学名は Lilium davidii。
英名はありません。
Lilium davidii belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial herb that is native to central and central-southern China; from Gansu-Shaanxi south to Yunnan. This herb occurs in forest margins or grassy slopes 800-3200 m elevation and can reach up to 1.5 m in height. The orange to reddish orange flowers come in July and August. The bulb is edible and sometimes stoloniferous.
大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2007年06月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp