リリウム・ランコンゲンセ [Index] [Back]

Lilium lankongense

Lilium lankongense

Lilium lankongense

Lilium lankongense

中国の雲南省北西部とチベット南東部とに分布しています。標高1800〜3200メートルにある高山帯の草地に生え、高さは40〜150センチになります。葉は長楕円形から披針形で、バラバラにつきます。花はピンク色で濃い赤色の斑があり、非常に開いた総状花序につく長い柄の上について、下向きます。また花披片はよく反り返り、芳香があり、1茎に6〜12個がつきます。花は6月から7月に咲きます。中国名では「匍茎百合(Pu jing bai he)」と呼ばれます。 
ユリ科ユリ属の多年草で、学名は Lilium lankongense。
英名はありません。 
Lilium lankongense belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to north-western Yunnan and south-eastern Xizang in China. This herb grows in alpine grasslands at altitudes between 1800 and 3200 m, and can reach 40-150 cm in height. The leaves are oblong to lanceolate, and scattered. The flowers are pink, with deep red spots, set on long pedicels in a very open raceme, are down facing, fully recurved and scented with 6 to 12 per stem. They come from June to July. 
長野県白馬村「白馬五竜高山植物園」にて、2016年07月31日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp