リモニウム・ペレジー

Limonium perezii

Limonium perezii

Limonium perezii

Limonium perezii

Limonium perezii

Limonium perezii

Limonium perezii

大西洋のカナリー諸島が原産です。海岸沿いの荒れ地や砂浜、岸
壁などに生え、高さは30センチほどになります。茎の基部は木質化
し、葉は円形から広卵形でロゼットを形成します。3月から9月ごろ、
花茎を伸ばして、小さな薄紫色の萼に白色の花を咲かせます。花冠
はわずかに萼からでています。
イソマツ科イソマツ属の常緑多年草で、学名は Limonium
perezii。英名は Perez's sea-lavender, Seafoam statice。
Perez's sea-lavender belongs to the Plumbaginaceae family. It is an
evergreen perennial herb that is native to the Canary Islands. This herb
grows in coastal waste lands, beach sands or cliffs and can reach about 30
cm in height. The stems lignify at the bases. The leaves are round to broad
ovate and form rosette. The flowering stalks are borne and the small white
flowers with lavender calyces bloom from March to September. The
corolla protrudes slightly from the calyx.
[上・中1] アメリカ・サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] アメリカ・カリフォルニア州カーメルにて、
2007年10月05日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中3] オーストラリア・シドニー市「パームビーチ」にて、
2008年08月17日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4・中5] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年01月06日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp