リナリア・アルピナ [Index] [Back]

Linaria alpina

Linaria alpina

Linaria alpina

ヨーロッパの中・南部に分布しています。標高1700〜3800メートルの岩礫地や氷堆石地などに生え、高さは5〜10センチになります、葉は線形から長披針形で、輪生状につきます。花はすみれ色で、下弁に黄色からオレンジ色の斑があり、5月から8月ごろ丸い花序に咲きます。
ゴマノハグサ科ウンラン属の一年草または多年草で、学名は Linaria alpina。英名は Alpine toadflax。
Alpine toadflax (Linaria alpina) belongs to Scrophulariaceae (the Figwort family). It is an annual or perennial herb that is native to central and southern Europe. This herb grows in screes or moraines, 1700-3800 m elevation, and can reach 5-10 cm in height. The leaves are linear to long lanceolate and arranged in whorled. The flowers are violet with yellow to orange patches on the lower lips, and bloom in rounded clusters from May to August.
スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2009年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp