リンドヘイメラ・テクサーナ

Lindheimera texana

Lindheimera texana

Lindheimera texana

Lindheimera texana

アメリカのテキサス州に分布しています。広い草原に生え、高さは10
〜30センチになります。形態的にはかなり変異がみられ、葉は披針
形や卵形、倒披針形で互生します。茎や葉は細毛に被われていま
す。3月から5月ごろ、黄色い舌状花が5個ある花を咲かせます。名
前は植物学者のリンドハイマー(Ferdinand Lindheimer)に因みます。
キク科リンドヘイメラ属の一年草で、学名は Lindheimera texana。
英名は Texas star, Lindheimer daisy。
Texas star belongs to Asteraceae (Aster family). It is an annual herb that is
native to Texas. This herb occurs in open grassy areas and can reach 10-30
cm in height. It is highly variable in appearance, its alternate leaves may be
lanceolate, ovate or oblanceolate. The stems and leaves are covered with
fine hairs. The yellow, 5-ray flowers come in March to May. The specific
epithet is named in honor of Ferdinand Lindheimer (early Texas bptanist).
アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」にて、
2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp