リソスペルムム・インキスム [Index] [Back]

Lithospermum incisum

Lithospermum incisum

Lithospermum incisum

アメリカの中部から西部に分布しています。乾燥した平原や丘陵などに生え、高さは5〜30センチになります。葉は狭披針形で、毛に被われています。5月から7月ごろ、上部の葉腋から、鮮黄色のラッパ形でフリルのある花を咲かせます。花冠には細かく不規則な鋸歯があります。
ムラサキ科ムラサキ属の多年草で、学名は Lithospermum incisum。
英名は Fringed puccoon, Fringed gromwell。
Fringed puccoon belongs to Boraginaceae (Borage family). It is a perennial herb that is native to central and western USA. This herb occurs in dry open plaines, foothills and can reach 5-30 cm in height. The leaves are narrowly lanceolate and covered with hairs. The fringed, bright yellow, trumpet-shaped flowers are borne in upper axils from May to July. The corolla is finely and irregularly toothed.
[上] アメリカ・テキサス州・マッキニー市「ハードミュージアム」にて、2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中・下] 同上にて、2007年04月06日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp