ロベリア・エリヌス (瑠璃蝶草)

Lobelia erinus

Lobelia erinus

Lobelia erinus

Lobelia erinus

Lobelia erinus cv. Regatta

Lobelia erinus cv. Cascade

Lobelia erinus cv. Cascade

Lobelia erinus

Lobelia erinus

Lobelia erinus cv.

Lobelia erinus

南アフリカが原産です。秋まきの一年草で、高さ20センチほどのマウンド状になります。4月から7月ごろ、青紫色の花を咲かせます。花色には赤紫色やピンク色、白色などもあります。和名では、「るりちょうそう(瑠璃蝶草)」と呼ばれます。
キキョウ科ミゾカクシ属の一年草で、学名は Lobelia erinus。
英名は Edging lobelia。
Edging lobelia belongs to Campanulaceae (the Bellflower family). It is an annual herb that is native to South Africa. This is a winter annual and can reach about 20 cm in height, and forming mound. The blue-purple flowers come from April to July. The flower colors are magenta, pink or white.
[上・中1] 愛知県渥美町「伊良湖フラワーパーク」にて、
2004年03月07日撮影。
[中2] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2007年02月15日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] スイス・ベルン州ミューレンにて、2009年06月30日撮影。
(photo by Jouette Suehiro)
[中4] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年04月13日撮影。
[中5] 千葉県香取市大角にて、2010年06月14日撮影。
[中6] 同上にて、2010年06月25日撮影。
[中7・中8] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9] 同上にて、2008年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2009年09月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp