ロベリア・スペキオサ

Lobelia x speciosa

Lobelia x speciosa

カバーブランツを目標に、ロベリア・フルゲンスとロベリア・カルディナリス、それにロベリア・シフィリティカから作出された交配種です。高さは60〜90センチになります。春、狭卵形の葉がロゼット状につきます。7月になるとロゼットから花茎が伸びて、先端に苞のある、ラベンダー色からピンク色、赤色の筒状花が咲く穂状花序をつけます。個々の花は2唇があり、下唇の3裂した方が、上唇の2裂よりも目立って見えます。花期は7月から9月です。 
キキョウ科ミゾカクシ属の多年草で、学名は Lobelia x speciosa。
英名はありません。 
Lobelia x speciosa belongs to the Campanulaceae (the Bellflower family). It is a perennial herb that is a hybrid designation that covers plants developed from Lobelia fulgens, Lobelia cardinalis and Lobelia siphilitica. It grows up to a height of 60-90 cm. Narrow-ovate leaves appear in a basal rosette in spring. Flower stems rise from the rosettes in July bearing terminal, bracteate spikes of tubular, lavender to pink to red flowers. Each flower has two lips, with the three lobes of the lower lip appearing more prominent than the two lobes of the upper lip. The flowering time is June through September. 
イギリス・ドーセット州ボーンマスにて、
2011年08月17日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp