ロッジポールまつ (ロッジポール松) [Index] [Back]

Pinus contorta

Pinus contorta

Pinus contorta

Pinus contorta

Pinus contorta

Pinus contorta

Pinus contorta

Pinus contorta

北アメリカの西部、アラスカ州南部からカリフォルニア州に分布しています。海岸線や砂丘、沼地、岩の多い丘の頂上などに生え、高さは20メートル以上になります。葉は黄緑色から濃緑色の針状で、長さは2.5〜7センチ、2個ずつつきます。果実は披針形から卵形の球果で、長さは2.5〜5センチ、2年で成熟します。アメリカ先住民の人々は、根はロープに、樹皮は添え木に、そのほか防水加工のピッチや膠に利用していました。
マツ科マツ属の常緑高木で、学名は Pinus contorta。
英名は Lodgepole pine、Shore pine。
Lodgepole pine (Pinus contorta) belongs to the Pinaceae (the Pine family). It is a tall evergreen tree that is native to western North America, from southern Alaska to California. This tree grows on coastal shorelines, dunes, bogs, rocky hilltops, and it can reach up to 20 m in height. The leaves are yellow-green to dark green needles, 2.5-7 cm long, in pairs. The fruits are lanceolate to ovate cones, 2.5-5 cm long, maturing in 2 years. Native Americans was used the roots for rope, bark for splints, and pitch for waterproofing or as a glue.
[上・中1〜4] アメリカ・オレゴン州「ボンネビル孵化場」にて、
2013年06月17日撮影。
[中5〜6・下] アメリカ・カリフォルニア州メンドシーノにて、
2016年09月22日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp