ロングフラワープリムローズ [Index] [Back]

Primula halleri

Primula halleri

ヨーロッパアルプスやカルパチア山脈、それに南へはユーゴスラビア中部、ブルガリアに分布しています。標高1000〜2900メートルの草地や岩礫地に生え、高さは20〜25センチになります。葉は長楕円状倒卵形から倒披針形で、ふつう表面は緑色、裏面は黄色がかった粉に密に被われています。花は淡いふじ色から濃いふじ色で、黄色い目があり、6月から7月ごろ、散形花序に咲かせます。 
サクラソウ科サクラソウ属の多年草で、学名は Primula halleri。
英名は Long-flowered primrose。 
The Long-flowered primrose (Primula halleri) belongs to Primulaceae (the Primrose family). It is a perennial herb that is native to the Alps, the Carpathians and southwards to central Yugoslavia and Bulgaria. This herb grows in alpine meadows and rocks, at 1000-2900m elevation, and it can reach 20-25 cm in height. The leaves are oblong-obovate to oblanceolate, usually green above but densely covered with a yellowish mealy beneath. The flowers are pale to dark lilac with yellow eyes, and bloom in umbels from June to July. 
スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2013年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp