ロニケラ・ユタエンシス [Index] [Back]

Lonicera utahensis

北アメリカの西部に分布しています。山地の林内に生え、高さは1〜2メートルになります。枝はか弱くて広がり、こんもり茂った姿になります。葉は卵形から長楕円形です。4月から6月ごろ、花は黄色から黄白色で、花梗に2個ずつつきます。果実は赤い液果です。種子は、動物に食べられて散布されます。 
スイカズラ科スイカズラ属の落葉小低木で、学名は Lonicera utahensis。英名は Utah honeysuckle。 
Utah honeysuckle (Lonicera utahensis) belongs to the Caprifoliaceae (the Honeysuckle family). It is a deciduous shrub that is native to western North America. This shrub grows in montane forests and can reach 1-2 m in height. It has slender, spreading branches and it may take a clumpy form. The leaves are ovate or oblong. The flowers are yellow or yellowish white, and borne be two on peduncles in April through June. The fruit is a red berry. The seeds are dispersed by animals that eat the fruit. 
アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、2010年07月11日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp