ルピナス・アルビカウリス [Index] [Back]

Lupinus albicaulis

Lupinus albicaulis

Lupinus albicaulis

アメリカの西部、ワシントン州からカリフォルニア州に分布しています。丘陵や山地の乾燥した斜面に生え、高さは30〜90センチになります。葉は掌状に分裂し、5〜10個の小葉があります。盛夏、長い穂状花序にくすんだ白色や紫色、黄色などの花を咲かせます。花には鎌形の竜骨弁があります。果実は絹毛に被われた豆果で長さ5センチ以上、なかにいくつかの種子があります。
マメ科ルピナス属の多年草で、学名は Lupinus albicaulis。
英名は Sickle-keeled lupine。
Sickle-keeled lupine (Lupinus albicaulis) belongs to the family Fabaceae (the Pea family). It is a perennial herb that is native to the western United States from Washington to California. This herb grows on open dry slopes in foothills and mountains, and it can reach 30-90 cm in height. The leaves are palmately divided into 5–10 leaflets. The dull white, purple, or yellow flowers bloom in long spikes in mid summer. The flower has a sickle-shaped keel. The fruit is a silky-hairy legume pod up to 5 cm long containing several seeds.
アメリカ・カリフォルニア州「ヨセミテ国立公園」にて、
2008年08月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp