ルピナス・ビコロル

Lupinus bicolor

Lupinus bicolor

Lupinus bicolor

北アメリカの太平洋側、カナダのブリティッシュコロンビア州からカリフォルニア州、それにバハカリフォルニアに分布しています。草地や荒れ地などに生え、高さは20〜40センチになります。葉は掌状複葉で、線形に近い小葉は5〜7個あります。3月から6月ごろ、総状花序をだして、青色の蝶形花を咲かせます。旗弁には白い斑紋があります。 
マメ科ルピナス属の一年草または二年草で、学名は Lupinus bicolor。英名は Miniature lupine、Pigmy-leaved lupine 。 
Miniature lupine (Lupinus bicolor) belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is an annual or biennial herb that is native to the Pacific Ocean Side of North America; from British Columbia south to California and Baja California. This herb grows in grasslands or waste grounds, and it can reach 20-40 cm in height. The leaves are palmately compound with 5-7, near-linear leaflets. The blue papilionacenous flowers bloom in the racemes from March to June. The flag petals have white mottles. 
[上] アメリカ・カリフォルニア州「ポイントロボス州立公園」にて、
2004年04月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中・下] アメリカ・カリフォルニア州サウサリートにて、
2010年02月26日撮影。(photo by Jouette Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp