リカステ・キリアタ

Lycaste ciliata

Lycaste ciliata

コロンビアからペルー、ボリビアそれにエクアドルが原産です。落葉性で着生または岩生のランです。日陰の低木帯や渓谷、朽ちた切り株などに生えます。偽鱗茎は卵形で、2個の葉がでます。春、夜に香る、蝋質で寿命の長い花を咲かせます。 
ラン科リカステ属の多年草で、学名は Lycaste ciliata。
英名はありません。 
Lycaste ciliata belongs to the Orchidaceae (the Orchid family). It is a perennial herb that is native to Colombia, Peru, Bolivia and Ecuador. This herb is a deciduous epiphytic or lithophytic orchid. This herb grows in shady scrubs, river canyons and on decaying tree stumps. The pseudo-bulbs are ovoid and bear two leaves. The nocturnall fragrant, waxy, long-lived flowers bloom in the spring. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp