リカステ・クルエンタ

Lycaste cruenta

Lycaste cruenta

メキシコからグアテマラ、エルサルバドルにかけて分布しています。
標高650〜2200メートルの高地に生え、地生または着生します。
球茎は扁平な卵状楕円形で、葉は楕円状披針形でひだが入ります。
春から夏に花茎をのばし、「シナモン」のような芳香のある黄色い花
を咲かせます。
ラン科リカステ属の多年草で、学名は Lycaste cruenta。
英名はありません。
大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2003年06月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp