リシマキア・プンクタータ

Lysimachia punctata

Lysimachia punctata

Lysimachia punctata

Lysimachia punctata

Lysimachia punctata

Lysimachia punctata

Lysimachia punctata

ヨーロッパから西アジアが原産です。茂みや道ばたなどに生え、高さは90センチほどになります。葉は長卵形で輪生します。6月から7月ごろ、鮮やかな黄色い花を輪生状に咲かせます。花冠の咽部はオレンジ色です。 
サクラソウ科オカトラノオ属の多年草で、学名は Lysimachia punctata。英名は Yellow loosestrife。 
Yellow loosestrife (Lysimachia punctata) belongs to the Primulaceae (the Primrose family). It is a perennial herb that is native to Europe and West Asia. This herb grows in thickets or roadsides and can reach about 90 cm in height. The leaves are long ovate and whorled. The whorled clusters are borne on the upper stems and bloom bright yellow flowers in June to July. The corolla has an orange throat. 
[上] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、
2007年06月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1] 同上にて、2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2003年07月06日撮影。
[中4・中5] 福島県北塩原村「デコ平湿原」にて、
2009年06月28日撮影。
[下] イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年06月28日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp