ラフレシア・アーノルディー [Index] [Back]

Rafflesia arnoldii

Rafflesia arnoldii

東南アジアのスマトラ島とボルネオ島南西部が原産です。熱帯雨林に生えるブドウ科ミツバカズラ属の植物に寄生し、茎も葉、根もありません。直径1メートル以上にもなる、多肉質の5弁花を咲かせます。花は腐肉に似た色や質感があり、腐臭を発します。これに誘引されたハエによって媒介されます。属名と種小名は、発見者のトーマス・ラッフルズ(Thomas Stamford Raffles)とジョセフ・アーノルド(Joseph Arnold)に因みます。
ラフレシア科ラフレシア属の寄生植物で、学名は Rafflesia arnoldii。
英名はありません。
Rafflesia arnoldii belongs to Rafflesiaceae (Rafflesia family). It is a parasitic plant that is native to Sumatra Island and southwestern Borneo Island. This plant occurs in rainforests and is an endoparasite of vines in the genus Tetrastigma (Vitaceae). It has no stems, leaves or true roots. The five petaled flower grows up to 1 m in diameter, and looks like rotting meat with corrupt smells. This smell attracts carrion flies, which transport pollen from male to female flowers. The genus and specific epithet are named after the discoverer of Thomas Stanford Raffles and Joseph Arnold.
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年03月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp