ランブータン

Nephelium mutabile

Nephelium mutabile

Nephelium mutabile

Nephelium mutabile

マレーシアからボルネオ島が原産です。高さは10〜15メートルほど
になります。雌雄異株で、円錐花序に花弁のない小さな花を咲かせ
ます。果実には赤色や黄色の軟らかい毛状突起があります。果肉は
白い半透明で、「れいし(茘枝)」に似た味がします。現在では、世界
の熱帯地方で広く栽培されています。
ムクロジ科ランブータン属の常緑高木で、学名は Nephelium
mutabile。英名は Rambutan。
Rambutan (Nephelium mutabile) belongs to Sapindaceae (the Soapberry
family). It is a tall evergreen tree that is native to Malaysia and the Borneo
Island. This tree can reach 10-15 m in height. It is dioecious. The small
non-petaled flowers bloom in the panicles. The fruits have red to yellow,
soft trichomes. The fleshes are white, translucent and have a taste similar to
Lychee. Nowadays, it is cultivated widely in the tropical areas.
[上・中1] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年04月28日撮影。
[下] ベトナム・ハノイ市にて、2010年09月02日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp