ラナンキュラス・アクリス

Ranunculus acris

Ranunculus acris

Ranunculus acris

Ranunculus acris

Ranunculus acris

ヨーロッパに広く分布しています。日当たりのよい野原や道ばたに生え、高さは30〜90センチほどになります。葉は3〜7裂します。5月から9月ごろ、直径2.5センチくらいの光沢のある黄色の花を咲かせます。葉や茎には苦味があって家畜が嫌うため、牧草地でも繁殖します。 
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で、学名は Ranunculus acris。
英名は Common buttercup。 
Common buttercup (Ranunculus acris) belongs to the Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is distributed widely to Europe. This herb grows in sunny fields and roadsides and it can reach 30-90 cm in height. The leaves are divided into 3-7 lobes. The glossy yellow flowers, about 2.5 cm across come from May to September. This herb has bitter taste in the leaves and stems and can reproduce in a meadow. 
[上・中1] スイス・ルツェルン州「ピラトゥス山」にて、
2009年06月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2003年07月11日撮影。
[下] イギリス・スコットランド・ベンカウワーズにて、
2016年06月06日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp