ラナンキュラス・アルペストリス [Index] [Back]

Ranunculus alpestris

Ranunculus alpestris

Ranunculus alpestris

Ranunculus alpestris

Ranunculus alpestris

Ranunculus alpestris

Ranunculus alpestris

Ranunculus alpestris

ヨーロッパに分布しています。標高500〜2600メートルの雪田などに生え、高さは5〜15センチになります。根生葉は卵形で5裂し、濃緑色で光沢のあり、長い葉柄がつきます。茎葉は無柄で、3個の線形の裂片にわかれます。6月から8月ごろ、茎頂に直径2センチほどの白色の花を咲かせます。
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で、学名は Ranunculus alpestris。英名はありません。
The Ranunculus alpestris belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is native to Europe. This herb grows in snow patches 500-2600 m elevation and can reach 5-15 cm in height. The basal leaves are ovate, 5-lobate and shiny dark green with long petioles. The cauline leaves are sessile with three linear lobes. The white flowers 2 cm in diameter come in June to August.
[上] スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2009年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・中2] スイス・ベルン州・クライネシャイデックにて、
2007年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] スイス・ベルン州メンリッヒェンにて、2009年07月01日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[下] 同上にて、2013年07月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] スイス・ルツェルン州「ピラトゥス山」にて、
2009年06月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・中6] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月19日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp
L>