ラナンキュラス (花金鳳花) [Index] [Back]

Ranunculus asiaticus

Ranunculus asiaticus

Ranunculus asiaticus

Ranunculus asiaticus

Ranunculus asiaticus

Ranunculus asiaticus

ヨーロッパの南東部から西アジアが原産です。乾燥した岩礫地の斜面などに生え、高さは15〜30センチになります。葉はしばしば3裂し、裂片はさらに深く羽状に切れ込みが入ります。春から夏にかけて、カラフルで大きな八重の花を咲かせます。花色にはピンク色や赤色、紅色、白色それに黄色などがあります。園芸品種も数多く作出されています。和名では「はなきんぽうげ(花金鳳花)」と呼ばれます。
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で、学名は Ranunculus asiaticus。
英名は Persian buttercup。
Persian buttercup belongs to Ranunculaceae (Buttercup family). It is a perennial herb that is native from southeastern Europe to West Asia. This herb occurs in dry, rocky slopes and can reach 15-30 cm in height. The leaves are often trilobate and divided into deep pinnate segments. Large colourful, double flowers come in spring to summer. The colours include pink, red, rose, white and yellow. Many cultivars have been breeded.
[上・中1〜4] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年03月26日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp