ラナンキュラス・パルナッシフォリウス [Index] [Back]

Ranunculus parnassifolius

Ranunculus parnassifolius

ヨーロッパアルプスやピレネー山脈に分布しています。標高1900〜2900メートルの石灰岩地で、しばしば雪渓の側にある岩礫地や氷堆石地に生え、高さは10〜15センチになります。葉は卵心形または広披針形で鋸歯はありません。7月から8月ごろ、白色でしばしばピンク色や赤色を帯びた花を咲かせます。
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で、学名は Ranunculus parnassifolius。英名は Parnassus-leaved buttercup。
Parnassus-leaved buttercup (Ranunculus parnassifolius) belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is native to the Alps and the Pyrenees. This herb grows in rocks and moraines on limestone, often by snow patches, 1900-2900 m elevation, and can reach 10-15 cm in height. The leaves are ovate heart-shaped or broad lancelate and untoothed. The flowers are white, often pink or red tinged, and bloom from July to August.
スイス・ベルン州クライネシャイデックにて、2009年06月28日撮影。
(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp