ラフィオレピス・インディカ

Raphiolepis indica cv. Snow White

Raphiolepis indica cv. Pinkie

Raphiolepis indica cv. Pinkie

Raphiolepis indica cv. Pinkie

中国の南東部に分布しています。丘陵から山地、それに河岸などに
生え、高さは1〜1.5メートルほどになります。樹形は四方に広がる
かマウンド状です。葉は濃緑色の卵形で、縁にははっきりとした鋸歯
があります。5月から6月ごろ、枝先の散形花序に白色から濃いピン
ク色、深紅色などの花を咲かせます。果実は球形の液果で、秋に黒
紫色に熟します。写真上は園芸品種の「スノーホワイト(cv. Snow
white)」、中1〜2・下は「ピンキー(cv. Pinkie)」。
バラ科シャリンバイ属の常緑小低木で、学名は Raphiolepis indica。
英名は Indian hawthorn。
Indian hawthorn belongs to Rosaceae (Rose family). It is an evergreen
shrub that is distributed in southeast China. This shrub occurs in hillsides,
mountains and streambanks and can reach 1-1.5 m in height. Crown is
spreading or mound. Leaves are dark green, ovate with distinct sarrated
edges. May to June, umbels with white to dark pink to crimson flowers are
seen on the terminal branchlets. Fruits are globose and ripen blackish-
purple in the fall.
[上] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1〜2・下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp