れだま (連玉) [Index] [Back]

Spartium junceum

Spartium junceum

Spartium junceum

Spartium junceum

ヨーロッパの地中海西部沿岸からカナリア諸島に分布しています。一属一種です。乾燥した草地や林縁などに生え、高さは2〜3.5メートルになります。茎は直立し、無毛です。葉は狭楕円形で対生し、まばらにつきます。夏に茎頂に総状花序をだし、鮮やかな黄色い花を咲かせます。果実は豆果で、黒く熟します。わが国へは、江戸時代の初めに渡来しました。和名は、スペイン語の「Retama de olor」に由来します。
マメ科レダマ属の常緑小低木で、学名は Spartium junceum。
英名は Spanish broom。
Spanish broom belongs to Fabaceae (Pea family). It is an evergreen shrub that is native from the western coastal areas of the Mediterranean Sea and Canary Islands. It is the only species in the genus Spartium. This shrub occurs in arid grasslands or woodland margines and can reach 2-3.5 m in height. The stems are erect and glabrous. The leaves are narrow-elliptic, opposite and arranged sparsely. The bright yellow flowers come in the apical racemes in summer. The fruits are legumes and ripen black. Spanish broom was introduced into Japan in the early Edo Era (about 400 years ago).
[上] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1〜2・下] 同上にて、2006年04月29日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp