レッドキャンピオン

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

Silene dioica

ヨーロッパからアジアにかけて広く分布しています。日当たりのよい草地や荒れ地に生え、高さは25〜50センチになります。葉は濃緑色の卵形から披針形で対生します。全体に短い毛に被われます。5月から7月ごろ、赤紫色の花を咲かせます。花には雄花と雌花があり、ハチやハエによって受粉されます。花や葉は、サラダに利用されるそうです。
ナデシコ科マンテマ属の二年草または多年草で、学名は Silene dioica。英名は Red campion。
Red campion (Silene dioica) belongs to the Caryophyllaceae (the Carnation family). It is a biennial or perennial herb that is distributed widely from Europe to Asia. This herb grows in sunny grasslands or barrens and can reach 25-50 cm in height. The leaves are dark green, ovate to lanceolate and opposite. The plant is covered with short hairs. The magenta flowers come in May to July. There are male flowers and female ones and pollinated by bees or flies. The flowers and leaves are used as a salad.
[上・中1] スイス・ベルン州インターラーケン「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 同上にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中3] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2002年07月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9] 同上にて、2008年06月15日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中4・中6〜7] 長野市松代温泉にて、2006年05月18日撮影。
[中5] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年08月03日撮影。
[中8] スイス・ベルン州グリンデルワルト「バッハアルプゼー」にて、
2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中11] 同上にて、2009年06月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中10] スイス・ベルン州クライネシャイデックにて、
2009年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中12〜中14] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2010年05月15日撮影。
[中15] クロアチア・プリトヴィッツェ「湖群国立公園」にて、
2012年04月30日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中16・下] 山形県小国町小玉川にて、2017年05月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp