リーガルリリー

Lilium regale

Lilium regale

Lilium regale

中国の中南部、四川省で1903年に発見されました。標高800〜
2500メートルの岩礫地や河岸に生え、高さは50〜90センチになり
ます。葉は狭線形で互生します。7月から8月ごろ、芳香のある大き
な白色の花を咲かせます。花披片の咽部は黄色く、外側は赤紫色を
帯びます。中国名は「岷江百合(Min jiang bai he)」です。
ユリ科ユリ属の多年草で、学名は Lilium regale。
英名は Regal lily。
Regal lily belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial herb that is
native to central-south China, Sichuan. This herb was discovered in 1903. It
occurs in rocky slopes or stream banks 800-2500 m elevation and can
reach 50-90 cm in height. The leaves are narrowly linear and alternate. The
fragrant white flowers come in July and August. The tepals is yellow in the
throat, and flushed magenta on outsides. The Chinese name is 'Min jiang bai
he'.
[上・中] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp